トップページへ
■教育方針・特色・沿革 ■保育・経費・補助金

[教育方針]

  1. キリスト教的精神により、心の教育を大切にし、明るく素直で、人を思いやり、助け合うなどの社会性を培い、たくましく快活な子供を育てる。
  2. 教育的環境の中で、子供が自分で考え、行動し、自立した円満な人格を育成する。
[特 色]
  1. 神様に対し、そして両親やまわりの人に対して「ありがとう」という感謝、「ごめんなさい」といえる素直な心を持つことが出来るように導いております。
  2. モンテッソーリ教育法を取り入れた、3歳、4歳、5歳の縦割りクラス編成です。尚、設定保育の時間を設け、同年齢に分かれての幼稚園教育要領に基づいた保育もいたしております。
  3. 幼児の心身の発達を促進するために、体育専門の講師による体育遊びを行っております。
[沿 革]
本園は地域の要望により、昭和36年に「大橋カトリック幼稚園」として設立され、平成4年に園名を「聖心ウルスラ幼稚園」と変更しました。
創立以来、教育事業に400年の伝統と実績をもつ、聖心のウルスラ宣教女修道会(本部イタリア)の イタリア人宣教女によって、本園のカトリックの精神の基礎が築き上げられ現在に至っております。
本園独自の暖かい家庭的な雰囲気は、園児は勿論、保護者の育児相談、卒園後の親の交流など、深め 幅広く活動しつづいております。
21世紀の子どもとして、国際的社会に活動できる豊かな人格を育むよう堅実な歩みを続けております。